研究業績

学位論文
<修士論文>  家庭環境が高校生の社会化に及ぼす影響に関する研究-中国・南京市の調査を手がかりにして-
<博士論文>  中国の若者の社会的スキルに関する社会心理学的研究-文化的要因を考慮した尺度開発と社会的スキル・トレーニングの試み- 大阪大学機関リポジトリ


著書
1.毛新華 (2007). KiSS-18の中国人への適用に関する検討 菊池章夫編 社会的スキルを測る: KiSS-18ハンドブック 川島書店 pp.107-122.
2.毛新華 (2012). 文化における社会的スキルの役割 大坊郁夫編  幸福を目指す対人社会心理学:対人コミュニケーションと対人関係の科学 ナカニシヤ出版 pp.226-249.
3.毛新華 (2013). 社会的スキルの個人差・文化差 日本パーソナリティ心理学会編 パーソナリティ心理学ハンドブック 福村出版 pp.635-641.
4.毛新華 (2016). 文化理解と適応 大坊郁夫 (監修) 谷口淳一・金政祐司・木村昌紀・石盛真徳 (編)  対人社会心理学の研究レシピ ―実験実習の基礎から研究作法まで― 北大路書房 pp.222-235.
5.毛新華(2017). 「『家に遊びにおいでよ!』と言われたのに・・・・・・」 谷口淳一・相馬敏彦・金政祐司・西村太志(編著) エピソードでわかる社会心理学ー恋愛関係・友人関係から学ぶ 北樹出版 pp.52-55.
NEW 6.毛新華(2017). 「スキル・トレーニング(第4章第3節)」 大坊郁夫(編集) シリーズ 心理学と仕事10 社会心理学 北大路書房 pp.75-81.

学術論文
<査読付き>
1.毛新華 (2005). 社会的スキル測定尺度KiSS-18の中国人への適用 対人社会心理学研究, 5, 85-91. PDF
2.毛新華・大坊郁夫 (2006). 中国の若者の人づきあいスタイルについての研究-自由記述調査結果によるカテゴリカルな検討- 対人社会心理学研究, 6, 81-88. PDF
3.毛新華・大坊郁夫 (2006). 大学生社会技能量表(ChUSSI)的初歩編制 中国心理衛生雑誌. 20(10), 679-683 中文 日本語.
4.毛新華・大坊郁夫 (2007). KiSS-18の中国人大学生への適用 対人社会心理学研究, 7, 55-60. PDF
5.毛新華・大坊郁夫 (2008). 社会的スキルの内容に関する中国人大学生と日本人大学生の比較 対人社会心理学研究, 8, 123-128. PDF
6.毛新華 (2010). 中国の若者の社会的スキルの向上を目指す 対人社会心理学研究, 10, 39-43. PDF
7.毛新華・大坊郁夫 (2012). 中国文化の要素を考慮した社会的スキル・トレーニングのプログラムの開発および効果の検討 パーソナリティ研究, 21, 23-39.PDF
8.毛新華・大坊郁夫 (2016). 中国文化要素が配慮された社会的スキル・トレーニングプログラムの効果ー中国人大学生の自他評価からみた意識と行動の変化を中心とする検討ー 社会心理学研究, 32, 22-40.  PDF  (論文ニュース)
<査読なし>
1.毛新華 (2004). 「家族の定義」をめぐって 畠中宗一編 抵抗体としての家族:主体的な家族を志向する人々のために 現代のエスプリ, 442, pp.32-41.
2.大坊郁夫・上出寛子・毛新華 (2006). 3次元計測法による顔面表情に伴う顔形態特徴の測定(1) -中国人大学生の特徴- 電子情報通信学会技術研究報告,106, 29-34.
3.上出寛子・大坊郁夫・毛新華 (2006). 3次元計測法による顔面表情に伴う顔形態特徴の測定(2)-中国人大学生の社会的スキルと顔面表情との関係-電子情報通信学会技術研究報告,106, 35-40.
4.大坊郁夫・上出寛子・村澤博人・趙鏞珍・毛新華・高橋直樹 (2007). 顔形態特徴の日中韓比較(1)-顔面表情に伴う顔形態の文化比較- 電子情報通信学会技術研究報告,  107(241), 13-18.
5.上出寛子・大坊郁夫・村澤博人・趙鏞珍・毛新華・高橋直樹 (2007). 顔形態特徴の日中韓比較(2)-社会的スキルとの関連から- 電子情報通信学会技術研究報告,  107(241), 19-24.
6.小石寛文・・・毛新華など23名 (2013). 神戸学院大学人文学部人間心理学科における教育の現状と課題(Ⅶ)-2012年学生アンケートの結果報告- 人文学部紀要,  33,  109-130.
7.小石寛文・・・毛新華など23名 (2014). 神戸学院大学人文学部人間心理学科における教育の現状と課題(Ⅷ)-2013年学生アンケートの結果報告- 人文学部紀要,  34,  43-66.
8.吉野絹子・・・毛新華など23名 (2015). 神戸学院大学人文学部人間心理学科における教育の現状と課題(Ⅸ)-2014年学生アンケートの結果報告- 人文学部紀要,  35,  217-238.
9.吉野絹子・・・毛新華など21名 (2016). 神戸学院大学人文学部人間心理学科における教育の現状と課題(10)-2015年学生アンケートの結果報告- 人文学部紀要,  36,  191-208.
10.秋山学・・・毛新華など21名 (2017). 神戸学院大学人文学部人間心理学科における教育の現状と課題(11)-2016年学生アンケートの結果報告- 人文学部紀要,  37,  75-89.

学会発表
<国際学会ポスター発表>
1.Xinhua MAO & Ikuo DAIBO (2007). The effects of social skills training for Chinese-university students. Poster presented at the 7th biennial conference of the Asian Association of Social Psychology, Kota Kinabalu, Malaysia.
2.Ikuo DAIBO, Hiroko KAMIDE & Xinua MAO (2007). Three-Dimensional Measurement of Physiognomic Features of Some Facial Expressions: The Cases of Asian Students. Poster presented at the 7th biennial conference of the Asian Association of Social Psychology, Kota Kinabalu, Malaysia.
3.Hiroko KAMIDE, Ikuo DAIBO & Xinua MAO (2007). Three-Dimensional Measurement of Physiognomic Features of Some Facial Expressions: Relationship Between Social Skills and Facial Expression of Korean and Chinese Students. Poster presented at the 7th biennial conference of the Asian Association of Social Psychology, Kota Kinabalu, Malaysia.
4.Xinhua MAO & Ikuo DAIBO (2008). The Effects of Social Skills Training Program Considering Chinese Cultural Characteristics: View-point From Participants, Interactional Partners and Observers. Poster presented at the 29th International Congress of Psychology. Belrin, Germany.
5.Xinhua MAO & Ikuo DAIBO (2009). The effect of social skills training for Chinese undergraduates: holding effects from 3-month follow-up investigation. Poster presented at the The British Psychological Society Annual Conference(2009). Brighton, U.K.
6.Xinhua MAO (2011). Why are Chinese students in Japan distressed in their interpersonal relationships with Japanese? Poster presented at the 12th Annual Meeting of the Society for Personality and Social Psychology (2011). San Antonio, Texas, U.S.A.
7.Masanori KIMURA & Xinhua MAO (2011). Interpersonal communication of Chinese people across situations: The study focused on dyadic interaction by strangers. Poster presented at the 12th Annual Meeting of the Society for Personality and Social Psychology (2011). San Antonio, Texas, U.S.A.
8.Xinhua MAO & Ikuo DAIBO (2011). Effects of Social Skills Training from a View-point of Nonverbal Channels. Poster presented at the 9th biennial conference of the Asian Association of Social Psychology, Kunming, China.
9.Masanori KIMURA & Xinhua MAO (2011). How do Chinese people communicate with their friends ?:An experimental study focused on dyadic interaction by female friends. Poster presented at the 9th biennial conference of the Asian Association of Social Psychology, Kunming, China.
10.Xinhua MAO & Masanori KIMURA (2013). The Cultural Effects of Chinese-culture Social Skills Training Programs: When the Participants Are Japanese. Poster presented at the 13th European Congress of Psychology(2013), Stockholm, Sweden.
11.Masanori KIMURA & Xinhua MAO (2013). What are the differences of interpersonal communication with friends between Japanese and Chinese people? Poster presented at the 13th European Congress of Psychology(2013), Stockholm, Sweden.
12.Xinhua MAO & Masanori KIMURA (2013). Do Chinese-culture social skills training programs have effects on the change in behavior?: A study using Japanese participants. Poster presented at the 10th biennial conference of the Asian Association of Social Psychology, Yogyakarta, Indonesia.
13.Masanori KIMURA & Xinhua MAO (2013). What are the differences of interpersonal communication with strangers between Japanese and Chinese people? Poster presented at the 10th biennial conference of the Asian Association of Social Psychology, Yogyakarta, Indonesia.
14.Xinhua MAO & Masanori KIMURA (2015). The holding effects of Chinese cultural social skills training programs to Japanese undergraduates participants. Poster presented at the 16th Annual Meeting of the Society for Personality and Social Psychology (2015). Long Beach, CA, U.S.A.
15.Masanori KIMURA & Xinhua MAO (2015). What are the differences of interpersonal communication between Japanese and Chinese people? : Experimental study with strangers and friends. Poster presented at the 16th Annual Meeting of the Society for Personality and Social Psychology (2015). Long Beach, CA, U.S.A.
16.Ken FUJIWARA, Xinhua MAO, Masanori KIMURA, Yukiko ISO, & Ikuo DAIBO (2015). Improving group performance: Equality in utterances and the proportion of females to males. Poster presented at the 16th Annual Meeting of the Society for Personality and Social Psychology (2015). Long Beach, CA, U.S.A.
17.Xinhua MAO  (2015). The effect of Japanese cultural adaptation skills training programs for Chinese students. Poster presented at the 11th Biennial Conference of Asian  Association of Social Psychology, Cebu City, Philippines.
18.Masanori Kimura & Xinhua Mao (2015). What are the differences of discussion between Japanese and Chinese people? Poster presented at the 11th Biennial Conference of Asian  Association of Social Psychology, Cebu City, Philippines.
19.Xinhua MAO & Masanori KIMURA (2016). The Conscious and Behavioral Influences of Chinese Cultural Social Skills Training Programs on Japanese People: The Comparison Between Experimental and Control Group. Poster presented at the 17th Annual Meeting of the Society for Personality and Social Psychology (2016). San Diego, CA, U.S.A.(This research got the SPSP Teacher/Scholar Travel Award)
20.Xinhua MAO  (2016). The Effectiveness of Cultural Social Skills Training Program: An Evidence from Chinese Undergraduate Students. Thematic Session : Communication (Accurate Nonverbal Communication in Interpersonal Settings) in the 31th International Congress of Psychology. Yokohama, Japan.
21.Xinhua MAO  (2017). Effects of a Short Intensive Cross-Cultural Adaptation Skills Training Program for Chinese International Students in Japan.Poster presented at the 12th Biennial Conference of Asian  Association of Social Psychology, Auckland, New Zealand.

<日本国内口頭発表>

1.毛新華 (2003). 親の養育態度が高校生の社会化に及ぼす影響―中国の南京市での調査をてがかりに― 日本家政学会家族関係学部会第23回家族関係学セミナー, pp.16.
2.毛新華・大坊郁夫 (2004). 社会的スキル測定尺度KiSS-18の中国における適用可能性に関する検討 日本社会心理学会第45回大会論文集, pp.282-283.
3.毛新華・大坊郁夫 (2007). 文化的要因を考慮した社会的スキル・トレーニング(SST)の効果に関するトレーニング期間の比較-中国人大学生を対象に- 日本コミュニケーション学会(CAJ)関西支部2007年度支部大会プログラム冊子, pp.7.
4.毛新華・大坊郁夫 (2008). 社会的スキル・トレーニングの長期的な維持効果に関する検討―中国人大学生を対象に― 日本社会心理学会第49回大会発表論文集, pp.24-25.
5.木村昌紀・毛新華 (2010). 中国人の対人コミュニケーションに関する基礎的研究―友人関係の女性大学生を対象にした会話実験による検討― 関西心理学会第122回大会発表論文集, pp.61.
6.木村昌紀・毛新華 (2011). 対人コミュニケーションの日本・中国間比較研究―両国の円滑な異文化交流に向けて― 日本グループ・ダイナミックス学会第58回大会発表論文集, pp.56-57.
7.木村昌紀・毛新華 (2011). 友人関係の対人コミュニケーションに関する日本・中国間比較研究 日本感情心理学会第19回・日本パーソナリティ心理学会第20回 合同大会発表論文集, pp.37.
8.毛新華 (2011). 在日中国人学生を対象とする異文化適応スキル訓練のプログラムおよびその効果 日本社会心理学会第52回大会発表論文集, pp.130.
9.毛新華 (2012). 文化比較の視点に立つ 社会的スキル・トレーニングに関する研究 第386回KSP(関西社会心理学研究会)発表
10.木村昌紀・毛新華 (2012). 初対面のコミュニケーションに関する日本・中国間比較研究 日本社会心理学会第53回大会発表論文集, pp.103.
11.木村昌紀・毛新華 (2013). 日本人と中国人の親密なコミュニケーション何か?違うか?―未知関係と友人関係を対象にした検討― 日本感情心理学会第21回大会, pp.16.(日本感情心理学会 第21回大会  グッド・プレゼンテーション賞)
12.藤原健・毛新華・木村昌紀・磯友輝子・大坊郁夫 (2014). 小集団の集団的知性に関する一考察-課題解決場面における発話の分散と性別の割合- 日本社会心理学会第55回大会発表論文集, pp.125.
13.毛新華・木村昌紀 (2015). 中国文化要素の社会的スキル・トレーニングが日本人大学生の意識と行動に与える影響-実験的アプローチによる検討- 日本社会心理学会第56回大会発表論文集, pp.6.
14.木村昌紀・毛新華 (2016). 日本人と中国人は葛藤状況のコミュニケーションで何が違うのか?―行動的役割演技法を用いた実験的アプローチ― 日本社会心理学会第57回大会発表論文集, pp.35.

<日本国内ポスター発表>
1.毛新華・大坊郁夫 (2005). 中国の若者の社会的スキルに関する研究(1)―自由記述調査と予備的尺度構成の試み― 日本心理学会第69回大会発表論文集, pp.162.
2.毛新華・大坊郁夫 (2005). 中国の若者の社会的スキルに関する研究(2) ―中国版社会的スキル尺度の構成― 日本社会心理学会第46回大会発表論文集, pp.382-383.
3.毛新華・大坊郁夫 (2006). KiSS-18の中国の大学生への適用 日本パーソナリティ心理学会第15回大会発表論文集, pp.148-149.
4.毛新華・大坊郁夫 (2006). 中国における大学生社会的スキル尺度(ChUSSI)の有効性に関する研究 日本心理学会第70回大会発表論文集, pp.281.
5.毛新華・大坊郁夫 (2007). 中国人大学生を対象とする社会的スキル・トレーニング(SST)の試み(2)-3ヶ月追跡調査から見るSSTの効果の持続性- 日本心理学会第71回大会発表論文集, pp.167.
6.毛新華・大坊郁夫 (2007). 中国人大学生を対象に実施した社会的スキル・トレーニング効果に関する自己・他者評定の検討 日本社会心理学会第48回大会発表論文集, pp.474-475.
7.毛新華・大坊郁夫 (2008). 非言語チャネルから見る社会的スキル・トレーニングの効果 日本心理学会第72回大会発表論文集, pp.76.
8.毛新華 (2010). 在日中国人留学生の抱える文化適応の問題―自由記述調査のデータより― 日本社会心理学会第51回大会発表論文集, pp.682-683.
9.木村昌紀・毛新華 (2010). 中国人の対人コミュニケーションに関する基礎的研究―未知関係の女性大学生を対象にして― 日本社会心理学会第51回大会発表論文集, pp.744-745.
10.毛新華・木村昌紀 (2011). 社会的スキル・トレーニング(SST)プログラムの文化的効果性に関する検討-中国文化要素が配慮されたプログラムを日本人大学生に実施した結果から- 日本グループ・ダイナミックス学会第58回大会発表論文集, pp.126-127.
11.毛新華・木村昌紀 (2011). 中国文化要素が配慮されたSSTプログラムの日本人大学生への効果―自己・他者評定による行動レベルの検討― 日本感情心理学会第19回・日本パーソナリティ心理学会第20回 合同大会発表論文集, pp.121.
12.毛新華・木村昌紀 (2012). 日本人大学生に実施した中国文化要素が配慮されたSSTプログラムの持続効果 日本心理学会第76回大会発表論文集, pp.201.
13.木村昌紀・毛新華 (2012). 初対面の自己呈示に関する日本・中国間比較 日本心理学会第76回大会発表論文集, pp.198.
14.毛新華 (2012). 在日中国人学生の異文化適応スキル訓練の持続効果 日本社会心理学会第53回大会発表論文集, pp.277.
15.木村昌紀・毛新華 (2013). 日本人と中国人の討議的コミュニケーションは何が違うのか?―未知関係と友人関係を対象にした実験的検討― 日本心理学会第77回大会発表論文集, pp.145.(日本心理学会 第77回大会 学術大会特別優秀発表賞)
16.毛新華 (2013). 日本人から見た在日中国人留学生の文化適応の問題点-日本人を対象とする自由記述調査のデータより- 日本社会心理学会第54回大会発表論文集, pp.196.
17.毛新華 (2014). 中国人中長期滞在者の抱える日本文化適応上の問題点-短期滞在者の自由記述調査の結果との比較- 日本社会心理学会第55回大会発表論文集, pp.237.
18.毛新華 (2014). 中国人留学生の日本文化適応の課題点に巡る留学生自身と日本人の意見の異同に関する比較研究 日本グループ・ダイナミック学会第61回大会発表論文集, pp.188-189.
19.毛新華 (2014). 中国人留学生における日本的対人関係適応尺度の開発の試み 日本心理学会第78回大会発表論文集, pp.167.
20.毛新華 (2015). 中国人留学生を対象とする短期集中型の異文化適応スキル・トレーニングの試み 日本心理学会第79回大会発表論文集, pp.133.(日本心理学会 第79回大会 学術大会優秀発表賞)
21.木村昌紀・毛新華 (2015). 初対面で愛想のいい遠回しな日本人, 親密な友人と本音で議論する中国人―協調的な討論状況における言語コミュニケーションの日本・中国間比較― 日本社会心理学会第56回大会発表論文集, pp.177.
22.毛新華 (2016). 短期集中型の異文化適応スキル・トレーニングの持続効果―来日初期の中国人留学生を対象に― 日本社会心理学会第57回大会発表論文集, pp.278.
23.毛新華・木村昌紀 (2017). 中国文化要素の社会的スキル・トレーニングが日本人大学生の行動にもたらす変化―日本人観察者による評価の結果から― 日本社会心理学会第58回大会発表論文集, pp.212.

<日本国内ワークショップ発表>
1.毛新華 (2005). 中国と日本の大学生の社会的スキルの比較 大坊郁夫(企画) 大坊郁夫・後藤学・毛新華・日向野智子・細越久美子 ワークショップ:対人的な適応に働く個人的、文化的要因を考える-対人関係のスキルを探る- 日本パーソナリ・eィ心理学会第14回大会発表論文集, pp.23-24.
2.毛新華 (2009). 中国の若者の社会的スキルの向上を目指す 後藤学(企画) 栗林克匡・毛新華・津村俊充・堀毛一也・日向野智子・後藤学 ワークショップ:Well-beingを目指す社会的スキル・トレーニングの活用 日本社会心理学会第50回大会・日本グループ・ダイナミックス学会第56回大会合同大会発表論文集, p.32.
3.毛新華 (2011). 在日中国人学生の日本文化適応に関する検討 鈴木一代(企画)小林亮・毛新華・植松晃子・佐野秀樹・松下美知子・手塚千鶴子 ワークショップ:異文化交流とアイデンティティ(3)―留学生研究の最前線― 日本心理学会第75回大会論文集, p.WS(12).


書評
1.毛新華 (2009). 社会的つながりの心理学 僕の社会心理学ノート3(菊池章夫(著), 2008, 川島書店) 日本パーソナリティ心理学会  リンク


コラム
1.毛新華 (2006). 文化の体験をとおして,相互理解へ 心理学ワールド 35, pp.32.
2.毛新華 (2008). 日本語の表現と「我」の強さ 日本パーソナリティ心理学会ニューズレターNo.26 ミニ特集-日本語とパーソナリティ- リンク


講演
1.毛新華 (2008). 職業とパーソナリティ:日本留学随感―1人の在日中国人留学生の歩み― 摂南大学地域連携センター 第21回 月例セ・~ナー
2.毛新華 (2010). 人間関係の構築と社会的スキルの向上―文化的視点からのアプローチ― 日本認定心理士会 近畿・中部・北陸地区支部2009年度研修会